【uscpa】合格に必要な英語力は【TOEIC700点オーバー】

迷いし<br>サラリーマン
迷いし
サラリーマン

uscpaを検討するにあたり前提として英語は得意ということが挙げられると思いますが実際どの程度必要なのでしょうか?

こんな疑問について考えてみます。

TOEIC700点オーバーあったら問題ないと考えます。理由は700オーバーであれば英語での読み書きに関する仕事はなんとかこなせるレベルといわれているからです。

uscpaは決して語学力を問う試験ではありません。700オーバーの人がuscpaに強い関心を持っていて、いまからuscpaの勉強を始めるか、さきにTOEIC900オーバーまで上げるか、で迷っていたらとても勿体無いです。主眼をuscpa合格に置くのであればTOEIC900オーバーまで鍛え上げてからuscpaの学習を始めるのは優先順位が間違っています

それに…どれだけTOEIC頑張っても名刺には書けません。uscpaとTOEICの大きな差はここにあると思います。ただ決してTOEICを無意味と言っているわけではありません。もちろん履歴書にはTOEICの点数を書けますので就職活動や転職活動ではプラスになります。

TOEIC700点の実力は?

TOEICのホームページを見てみるといろいろデータを公表してくれているんですよね。ここでは700点取れたらどの程度英語力があると定義されているかの確認です。 合わせてTOEIC700点というのが受験者全体でどの程度の位置にいるかの確認もします。

700オーバーのリーディング能力は業務に大きな支障がないレベル

公式の見解によると、700オーバーの人(≒リーディングパートで 420~325点 )は以下のような英語力があると認められています。

<長所>

一般的に以下の長所が認められます。

文章の主旨や目的が推測できる。詳細が推測できる
意味を読み取ることができる。言い換えがあっても、事実に基づく情報が理解できる
・文章に使用されている語彙や文法が難しいときでも、文章の限られた範囲内では情報を関連付けることができる。
・中級レベルの語彙が理解できる。文脈中の難しい語彙、よく使用される単語の例外的な意味、慣用句的な使い方が理解できることもある。
規則に基づいた文法構造が理解できる。また、難しく、複雑で、あまり使用されない文法的な構造が理解できる。

<短所>

一般的に以下の弱点が認められます。

・文章内の広い範囲にわたる情報を関連付けることができない。
・難しい語彙、よく使用される単語の例外的な意味、または慣用句的な使い方が理解できないこともある。似たような意味で使われる複数の単語は、区別できないことが多い。

私個人の感覚としては、TOEIC700あれば、読み書きに関する仕事であったり、社内外の英語会議の議事録を作ってもらう程度のことなら録音を何度も聞きながらであれば可能と思います。一方、ビジネスの交渉は不可能だと思います。

ソースは以下のURLをご参考に。

レベル別の評価一覧表

700オーバーは上位30%である

下記のグラフはスコアの分布図です。50点刻みで人数を集計しています。これによると受験者数が14万人いるうち、695点以上取れている人は約4万人います。つまり700点オーバーは上位30%である、ということです。

これ意外かもしれませんよね。世の中には「TOEIC700なんて低いだろ…」という人もいますが、世間的には非常にレベルの高い世界で生きている人のご発言であるということは認識しておきましょう。

あくまでもuscpaに合格するために必要な英語力はどの程度か?という問いに対してはTOEIC700オーバーというのが妥当だと思います。

ソースは以下のURLをご参考に。

公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

英語力を更に鍛えるのはuscpa合格の後!

uscpaの勉強の中で英語の勉強をする機会がたくさんあります。uscpa合格後にTOEIC受けてみると多くの人がスコアを上がったといいます。間接的にuscpaの学習が英語力UPに効果があったということです。したがってuscpa勉強してる間はTOEIC対策をやる必要がないんです

限られた時間の中でどういう順番に物事に取り組んでいったほうがいいか、効果効率は考えるべきです。いまの仕事が英語とあまり関係ない場合、英語力を向上させようと思うと仕事外でやらなければなりません。

勉強中の時間は給料にならないし、自己啓発的にモチベーションをキープさせるのは至難の業です。

TOEIC700オーバーの英語力を身に付ける→uscpa合格する→更に英語力に磨きをかける、そういった環境に身を置く、というのが順番をベースに考えるのがよいと思います。

TOEIC700オーバーの英語力を身に着けるにはどうすればよいか?はこちらの記事もご参考にしてください。

おしまいに

いかがでしたでしょうか。TOEIC700オーバーの英語力があるのならばuscpaの勉強は十分に進められます。TOEIC700オーバーであれば英文読解に関しては「意味を読み取ることができる。言い換えがあっても、事実に基づく情報が理解できる」程度の実力があると認められるからです。

逆にTOEIC700オーバーない人はuscpaの勉強を始める前に英語の基礎をまずは固めた方がよいです。英語力がないのにuscpaにチャレンジするのは非常に大きな苦労が予想されます。

関連記事:【世間が認める】英語の基礎固め【TOEIC700点へ】

コメント